2007年05月02日

「子育てに優しい住宅」

「子育てに優しい住宅」にローン金利を優遇、りそな銀行

りそな銀行は、住宅販売会社の創建(大阪市)とミキハウス子育て総研(大阪府八尾市)と提携し、「子育てに優しい住宅」を対象に購入時に設定する住宅ローンの金利を優遇するサービスを始めた。該当する住宅の購入者は、通常の金利から最大で1.4%下げた利率で住宅ローンを組める。

対象は、創建が販売し、ミキハウス子育て総研の「子育てに優しい住まいと環境の評価基準」に基づく認定を受けた住宅。同基準は、「安心・安全」「母親がストレスをためない」「周辺環境」といったテーマを設けたうえで、それぞれに評価項目を設定。「リビングを通らないと子ども部屋に行けない間取りになっている」「将来的に間取りの変更が可能である」「コンセントの位置が高めになっている」といった合計90項目のうち、60項目以上を満たせば「子育てに優しい住宅」に認定する。

当面は、創建が開発している分譲地で販売する建売り住宅が対象。設計段階でミキハウス子育て総研が検査し、所定の条件を満たせば認定する。
(日経BP より)
 
 実際購入し、使ってみないと商品の利点・欠点は分からないが、
家となると計画や買い直しができないので、
あらかじめ不動産関係の会社から提示やアドバイスがあれば利用しやすいだろう。
専門家にとって簡単なことでも知識のない人にとって説明されないと分からないことも多い。

親にとって家の中が育児に不安材料があれば
一体どうやって子供を守るべきか悩んでしまうだろう。
その上多くの人が利用する住宅ローンもさらに負担に感じるだろう。
少子化が進んであるが、いろいろな面で子育てしやすい環境が整えば子供を希望する家族も今後増えていくだろう。


子育てに役立つサイト
主婦のお仕事探し
posted by けい at 18:21 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。